「一時的に子どもを預かってくれる」っていいね!
一時保育・病児保育はママの強い味方!

「一時保育」の保育内容の満足度は85.0%!
 スタッフの対応満足度は94.0%!

「病児保育」のサービス内容の満足度は88.9%!
 スタッフの対応満足度は96.8%!

「病児保育」の実施箇所数は政令指定都市第3位!

 パートで働きたいけど子どもを預ける先がない…。子どもの急な発熱でも仕事を休めない…。そんなママの悩みを解決する便利なサービスが「一時保育」と「病児保育」です。仕事のある日だけお子さんを預けたり、病気のお子さんを預けたりすることができます。

一時保育が利用できるケースはさまざま

 一時保育とはパートや親の看護などで、一時的に家庭での保育が難しくなった時に認定こども園等で、満1歳から就学前までのお子さんを預けることができる制度です。保護者の病気や出産、冠婚葬祭、学校行事の対応、さらには育児に疲れたときのリフレッシュのために利用することも可能です。

 リフレッシュ目的の場合は3,600円/日、それ以外の場合は2,400円/日で、8:00~18:00までの希望する時間帯で預けることができます。

 一時保育を利用している2人のママに、阪急御影駅から10分足らずの閑静な住宅地にある親和保育園で話をお聞きしました。

里帰り中にリフレッシュ利用

 藤森さんは、2歳の智也(ともや)君と5か月の赤ちゃんの子育て真っ最中。里帰り出産で、神戸の実家に去年の7月から滞在しています。

藤森さん:

「産前から出産までサポートしてくれていた母が体調を崩し、下の子が生まれてからは、智也を外に連れて児童館などに遊びに行くのも難しくなったんです。リフレッシュ目的とは少し異なりますが、智也に友達ができればいいなとの想いから、利用しはじめました。おかげ様で、智也を預けている間に下の子の世話ができるので、とても助かっています。

智也は人見知りしがちでしたが、今では友達におもちゃを譲ったり、泣いている子を見たら声を掛けに行ったりと、大きく成長したと思います。こんな利用もできるんだよって、他のママにも知っていただけたら嬉しいですね。」

一時保育を上手に使って仕事復帰

 フリーのライターとして活動する小松野さんは、週2日、二男の樹(いつき)君を預けています。結婚前に携わっていた仕事に復帰できたのは一時保育のおかげだといいます。

小松野さん:

「週に2日預かってもらい、その日を仕事の打ち合せや取材に充てています。基本的には自宅でできる仕事なのですが、インタビューで人に会ったり、打ち合せをしたりしなければいけない時に利用していますね。
下の子が0歳の時には、近くの民間施設に預けたこともありましたが、1時間1,000~1,500円もする割には保育スペースが狭かったのが気になって。こちらの一時保育では広々としたスペースで、1日2,400円で利用できるので本当にありがたいですね。
保育園の先生はベテランで、子育てから個人的な悩みまで、いろいろ相談に乗っていただいています。近くに相談ができる人がいなかったのですが、こうして子育てのプロの方に話を聞いていただけるのも、とてもありがたいんです。」

 子育て中のママには『子育て以外のしたいことをあきらめないで!』と伝えたいとのこと。一時保育を利用して、やりたい仕事をするのもその一つだといいます。
 リフレッシュや仕事と子育ての両立に、お二人の一時保育の利用方法を参考にしてみてはいかがでしょうか。

仕事を休めない日には病児保育

 病児保育室「Mola mola(モラ モラ)」は、JR摂津本山駅から徒歩10分ほどのところにあります。仕事を休めない保護者に代わって病気の子どもを預かる施設です。定員は13名で、保育士に加えて看護師が常駐。利用するには、事前登録をしたうえで、利用前日までに電話で予約します。1日2,000円で利用可能です。

感染症や、容体の急変にも的確に対応

 「Mola mola」を利用したことのある前田さんと西藤(さいとう)さんに話をお聞きしました。

前田さん:

「感染性とそうでない病気のどちらの場合でも預かってもらえるのがありがたいです。3人子どもがいるのですが、今年はインフルエンザにまず1人がかかって、そのあと2人が同時にかかってしまいました。そんな時に仕事を休まなくても済んだのはここのおかげです。感染性の病気のお子さんを隔離する部屋があるので、安心して預けることができますね。」

 神戸市の病児保育は、急な容態変化にも素早く対応できる、小児科専門医が在籍する医療機関併設型とよばれる施設です。
 西藤さんも「病気で預けた時に、病状だけでなく、食事や睡眠の様子なども教えてくれるので、預けていても子どもの一日の状態が分かり、安心できます。一度、子どもが急に高熱になったことがあったんですが、その時には電話をいただいて解熱のために点滴をするとの説明を受けました。施設に医師がいるという安心感と対応の丁寧さを感じました」と病児保育施設の対応に満足しているそう。

 お子さんが突然発熱したときや体調が悪化したときも仕事を休まなくてすむ病児保育。働くママにはぜひ活用していただきたいサービスです。

藤森さん、小松野さん(取材日:2017年3月1日)
前田さん、西藤(さいとう)さん(取材日:2017年2月17日)