神戸ならではのあたたかい子育て環境がいいね!
~神戸発祥!「ママの働き方応援隊」神戸南校代表 合田三奈子さん~

①神戸での子育てを「楽しいと感じる」と答えた方は94.9%!

②神戸での子育てで「気軽に相談できる人がいる」と答えた方は97.0%!

「NPO法人ママの働き方応援隊」の神戸南校代表として活躍する4児のママ、合田三奈子さんに自身の活動と神戸での子育ての魅力についてお話を聞きました。

「ママの働き方応援隊」との出会い

 長男の妊娠中に長田区に引っ越してきました。はじめは、長田の商店街にある昔ながらの助け合いの精神に感銘を受けました。そのうち、もっと多くの世代を巻き込んで、このまちをひとつにしたい!という想いが強くなってきたんです。
 そんな時、商店街で「赤ちゃん募集!」のチラシを受け取り、「赤ちゃん先生」などの事業を展開する「NPO法人ママの働き方応援隊(ママハタ)」がこの神戸で立ち上がったことを知りました。赤ちゃんのおかげで、つながりが広がることを自分の経験から感じていたので、これだ!と思いましたね。

子育て中のママだからこそ出来ること

 「赤ちゃん先生」とは、学校や高齢者施設、イベントなどに赤ちゃんを連れたママたちが出向き、命の尊さや、家族の絆の大切さを伝えるプロジェクトです。赤ちゃんと触れ合うと、心が安らかになりますよね。訪れた高齢者施設では、笑顔が溢れるだけではなく、涙を流される方もいらっしゃいます。これは赤ちゃんが持つ神秘的な力によるものなんです。
 「赤ちゃん先生」はママにとって、この赤ちゃんの力を活かして、保育所に預けなくても一緒に活躍できる立派な仕事です。子育ては何かを諦めてしまうことではなく、赤ちゃんの存在によって、人との出会いやつながりの場をつくりだし、ママの可能性を広げてくれることなんです。この経験を少しでも多くの方に伝えていきたいと思っています。

神戸の子育て環境の良さを実感

 そんな私ですが、4人も子育てしていると、神戸ならではの子育て環境の良さをしばしば実感します。地域のあたたかさはもちろんですが、それだけではありません。私の住んでいる長田から須磨の海までは、自転車で一直線。ちょっと山の方に行けば桜が美しい観音山公園がすぐそばにあります。
 自然に触れることで、子どもの成長につながるし、親もリラックスして楽しみながら子育てができる。自然と都会が近くにあるのは神戸の大きな魅力なんです。

子育てでつながる、地域でつながる

 私は赤ちゃんと子どもたちや高齢者との触れ合いを通じて、子育て中のママが地域とつながることを目指しています。私自身、近所の助産院で2人目を出産したときには、床上げまでは安静にしておくようにと、近所の知り合いのご夫婦やお惣菜屋さん、おばあさんからたくさんの差し入れをいただき、本当に人のつながりをありがたく感じました。

 子育てをしているパパやママには、色んな悩みや不安があります。そんな時にこそ、「子育て中」といった枠にとらわれず、独身からお年寄りまで幅広い世代でもっとつながろうよ、いろんな人の力を借りたり貸したりしながら地域で孤立せずやっていこうよって伝えたいです。ママハタもいつでもみなさんをお待ちしていますよ!

「私は赤ちゃんが持つ人をつなげる力で、全国に小さなコミュニティーを作り無縁社会を解消したい!」と語る合田さん

(取材日:2016年10月8日)