「遠出をしなくても気軽にリフレッシュできる」っていいね!
〜ママを応援するファッションブランド「MonStork(モンストーク)」クリエイティブ・ディレクター・芹澤麿衣さん〜

「神戸で子育てして良かった」理由の第1位は動物園や水族園など「家族で遊びに行ける施設が多い」こと!

公園の総面積、1人当たり面積ともに政令指定都市で第1位!

土・日曜、祝日は大人1人につき小学生以下の子ども2人まで、市バス・市営地下鉄の運賃が無料!

小・中学生は市内31カ所、県内38カ所の施設(動物園、美術館、博物館など)への入場が無料!

おしゃれなママ向けのファッションを手がける2児のママ、芹澤麿衣さんの視点から、「住みたい街ランキング」でも上位に入る神戸ならではの子育ての魅力について語っていただきました。

神戸ならでは!ファッションで子育て中のママを応援

 実家が113年続く婦人服のお店をやっていること、おしゃれな人が多い神戸で生まれ育ったということもあり、子どもの頃からずっとおしゃれには気を使ってきました。そんな私に子どもが生まれて、これまで普通に着ていたワンピースでは授乳がしにくいことに気が付きました。
 授乳しやすい機能優先の服もありましたが、ママになることでおしゃれを諦めるくらいなら、自分で作ってみよう!と思い、おしゃれなデザインでも子育てしやすい服を作ってみたんです。それを見た同世代のお友達から「それどこで売ってるの?私も欲しい!」とたくさんの反響を頂いた事がきっかけとなり、「ママになるのって素敵」と思ってもらえるようなブランドを目指したアパレル事業を始める事になりました。

リラックスして子育てができるまち

 神戸の人は地元愛が強くて、代々住み続けている人が多いように感じます。そんなこともあり、例えば喫茶店なども幅広い世代の人が集まる場所になっていて、子ども連れで行くと、子育てのアドバイスをさりげなくもらえたりするんです。地域の方が子育て中のママをあたたかく見守ってくれるまちなので、肩ひじ張らずにリラックスして子育てができますね。
 神戸生まれ・神戸育ちの私ですが、主人の仕事の関係で東京でも暮らしたので、よけいに神戸の良さが分かるような気がします。住みたいまち、魅力的なまちとして、いろいろなランキングで上位に入るのも納得です。

子どもの成長と共にいろいろな楽しみ方

 神戸は山と海に囲まれたコンパクトなまちなので、遠出をしなくてもリフレッシュできるのが魅力かな。お出かけする場所がたくさんあるというのは、子どもにいろいろな経験をさせることができるということ。公園で思いっきり走り回り、博物館や美術館で感性を養い、映画館や商業施設でも遊べる。うちの子どもたちは特に王子動物園やアンパンマンこどもミュージアムが大好きです。
 今はまだ、4歳と1歳なのでこんな週末の過ごし方ですが、大きくなれば一緒にショッピングも楽しめますね。神戸市も、「エコファミリー制度」「のびのびパスポート」でお出かけしたい気持ちを後押ししてくれているように感じます。これからもずっとこのまちで、子どもの成長とともに楽しみたいです!

(取材日:2016年10月19日)