神戸市からのお知らせ

おやこふらっとひろば中央 オープン!

おやこふらっとひろば中央 オープン!

7月19日(火曜)に、市内8か所目の「おやこふらっとひろば」が中央区にオープン。「こどもの本の森 神戸」や「デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)」などと連携し、子どもの感性や創造力を育む企画も実施する予定です。三宮に来たついでに、くつろげる親子の居場所に足を運んでみませんか。

おやこふらっとひろば中央(外部サイト)

宿泊施設への避難助成を利用する方は事前登録をお願いします。

宿泊施設への避難助成を利用する方は事前登録をお願いします。

【妊娠中、乳児を養育中の方へ】コロナ禍の避難所滞在に不安のある方には、ホテルや旅館に避難する際の宿泊費助成があります。利用には事前登録が必要です。土砂災害警戒区域などにお住まいで、避難に関する情報が発令された場合などの要件があります。詳しくは下記のリンク先でご確認ください。

ホテル・旅館などの宿泊施設への避難助成(神戸市サイト)

中学生以下のお子さんは地下鉄海岸線が無料で乗り放題になる「フリーパス」を発行しています!

中学生以下のお子さんは地下鉄海岸線が無料で乗り放題になる「フリーパス」を発行しています!

令和4年度より、有効期間をこれまでの3か月から6か月に延長し、申込場所も3か所から10か所に拡大しており、各定期券発売所やイオンモール神戸南、こべっこランドにてお申込みいただけます。ますます便利になったフリーパスを、レジャーや習い事などにぜひ利用してください。

海岸線中学生以下フリーパス/神戸市交通局沿線NAVI(外部サイト)

「あすてっぷコワーキング」の一時保育が週5日に拡充されました!!

「あすてっぷコワーキング」の一時保育が週5日に拡充されました!!

「あすてっぷコワーキング」では、ご利用者様のご意見を踏まえ、令和4年4月より、一時保育が週5日になりました!!テレワークや就職準備の活動、ご自身のスキルアップの勉強、育休からの復帰準備等のためにぜひご利用ください♪(無料)
※一時保育の利用は、コワーキングスペース利用者に限ります。

予約ページ:一時保育利用予約(あすてっぷコワーキング)(神戸市サイト)

乳幼児にとっての「学び」ページ公開

乳幼児にとっての「学び」ページ公開

乳幼児にとっての「学び」について知っていますか?乳幼児にとっての「学び」とは、子どもが自由かつ主体的に「遊ぶ」ことで様々な経験をし、「生きる力の基礎」を培うことを目的としています。神戸市の各園では、「遊び」を通じた取り組みを実践しています。

乳幼児にとっての「学び」ページへ

働く女性、働きたい女性のためのキャリア相談

働く女性、働きたい女性のためのキャリア相談

働く女性、働きたい女性向けのキャリア相談です♪「もっと成長したい」、「働きたいが何から始めようか迷ってしまう」など、女性が働くことにまつわるご相談や情報提供を行っています。ご相談方法は、対面またはオンライン(ZOOM)。ぜひお気軽にお申込みください。(無料)

予約ページ:働く女性、働きたい女性のためのキャリア相談(神戸市サイト)

多胎児を妊娠している方の妊婦健康診査の助成額を拡充します

多胎児を妊娠している方の妊婦健康診査の助成額を拡充します

多胎児を妊娠した妊婦は、単胎妊娠の場合よりも頻回の妊婦健康診査受診が推奨され、受診に伴う経済的負担が大きくなります。そこで、通常14回程度の妊婦健康診査よりも追加で受診する健康診査に係る費用を助成します。

妊婦健康診査(神戸市サイト)

子育て応援レシピ動画を配信しています!

子育て応援レシピ動画を配信しています!

現在、神戸市では、市内食品関連企業のご協力のもと、子育て世帯のみなさんへ向けたレシピ動画を配信中です。成長期のお子さんがいるご家庭にとって、毎日の食事づくりは本当に大変なことと思います。今回のレシピが、みなさまのお役に立てれば幸いです。毎日「今日の献立」と題して1食分ずつレシピを公開していきます。ぜひご覧ください。

KOBE子育て応援レシピ(神戸市サイト)

子育てに関する相談窓口について

子育てに関する相談窓口について

子育てに関する相談窓口は以下のページに掲載しています。悩みを抱え込まずに、相談内容に合わせて、各施設にご連絡ください。

神戸市の妊娠出産・子育てに関する相談先

KOBE子育て応援団「ママフレ」について

KOBE子育て応援団「ママフレ」について

本サイトの名称「ママフレ」は、子育て中の不安や悩みを、私たち行政も一緒になって応援したいという意味で名づけたもので、子どもを出産した母親「ママ」を「応援(フレフレ)」し、母親と一緒に歩む「友達(フレンド)」という意味を込め「ママフレ」としました。
「ママフレ」は、母親の気持ちに寄り添いたいという思いを込めた名称であり、「ママフレ」を通して、子育て世帯の方へ、情報を発信していきたいと考えています。

広告