母子父子寡婦福祉資金貸付金

ひとり親家庭に目的にあった資金をお貸しします

[概要]

ひとり親家庭等のお子さんの修学や就職、知識技能の習得等に必要な資金や、ひとり親家庭の父や母等が経済的に自立して安定した生活を送るために必要な資金を貸し付けます。
貸付にあたっては、必要性や償還能力などについて審査があります。

[支給内容]

目的により、貸付限度額、据置期間、償還期間が異なります。

[対象者]

神戸市内に居住し、次に該当する方
<母子家庭・父子家庭の場合>
20歳未満のお子さんを扶養していて、下記に該当する方
・配偶者が死亡または配偶者と離婚し、現に結婚していない
・長期にわたって、配偶者の生死が不明または配偶者から遺棄されている
・配偶者が外国にいるため、その扶養を受けられない
・配偶者が精神または身体の障害により長期にわたって働けない
・配偶者が法令により拘禁されているため、その扶養を受けられない
・婚姻によらないで母・父となり、現に結婚していない

<寡婦の場合>
・寡婦(配偶者のない女子であって、かつて配偶者のない女子として20歳未満のお子さんを扶養していたことのあるもの)またはかつて母子家庭の母であった方
・40歳以上で配偶者のない方(婚姻をしたことのない独身の方は含まれません)
※40歳以上で配偶者のない方に関しては、特別な事情がないときは、前年度の所得が203万6000円以下の場合に限り貸付の対象となります。

[申請できる人]

母子家庭の母、父子家庭の父、または寡婦の方

[申請期日]

資金によって異なります

[手続きなど詳しくは]

「母子父子寡婦福祉貸付金(神戸市サイト)」をご覧ください。

母子父子寡婦福祉貸付金(神戸市サイト)

広告