助産施設

経済的な理由等で入院助産を受けることができない方のための制度です

[概要]

必要があるにもかかわらず、経済的な理由で病院または助産所に入院できない妊産婦の方を対象に、助産施設(指定病院)で出産していただくための制度です。(事前に申請が必要です)

[支給内容]

出産に要する費用の一部(または全部)
※収入に応じた負担金があります。

[対象者]

入院助産が必要な妊産婦の方で、世帯の課税状況が次のいずれかに当たる方

<階層区分/世帯区分>
A. 生活保護受給世帯(単給を含む。)及び中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律による支援給付受給世帯
B. 市民税非課税世帯
C1. 市民税額が均等割のみの世帯
C2. 市民税額に所得割の額がある世帯
D. 所得税の額が8,400円以下の世帯

※ただし、上記のC1、C2、Dの階層の世帯に属する妊産婦の方で、社会保険等から出産育児一時金等の出産に関する給付(「出産一時金」など)を受けることができる額が39万円以上の方は対象になりませんのでご注意ください。

[申請できる人]

対象となる方ご本人

[申請期日]

なるべく早く区役所の窓口でご相談ください
※入所後の申請は認められません

[手続きなど詳しくは]

「助産施設の利用(神戸市サイト)」をご覧ください。

助産施設の利用(神戸市サイト)

広告