妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の医療費助成

妊娠中毒症の入院費を補助します

[概要]

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)、糖尿病、貧血、産科出血、心疾患のために、7日以上入院が必要な妊産婦(妊娠中または出産後10日以内)の方を対象に入院医療費を助成します。対象となるのは医療保険の自己負担分となります。
対象となる妊産婦の方の入院による医療が終了した日以後、30日以内(ただし、入院期間が21日を超える場合は、入院した日から起算して22日以降30日以内)に申請を行ってください。

[支給内容]

医療保険の自己負担分の一部

[対象者]

市内にお住まいの方で、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)等により入院が必要な妊産婦の方で、以下の条件を満たす方
・入院日数が7日以上であること
・前年所得税課税年額が15000円以下の世帯であること
・助産施設への入所をしていないこと

[申請できる人]

原則として支給を受ける方ご本人

[申請期日]

対象の方の入院による医療が終了した日以後30日以内
(ただし、入院期間が21日を超える場合は、入院した日から起算して22日以降30日以内)

[手続きなど詳しくは]

「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)・未熟児等の医療費助成(神戸市サイト)」をご覧ください。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)・未熟児等の医療費助成(神戸市サイト)

広告